So-net無料ブログ作成

ルノー 新型 ルーテシアRSは200psターボ [ルーテシア]

ルノーは9月27日、フランスで開幕したパリモーターショー12において、『クリオ ルノースポール 200ターボ』をワールドプレミアした。
その心臓部に収まるのは、新開発の1.6リットル直列4気筒ガソリンターボ。モデル名が示す通り、最大出力は200ps/6000rpmを引き出す。
0928-2.jpg
元記事:レスポンス 2012/09/27掲載

クリオRSもついに2ペダルMT(記事ではEDC)で登場かぁ。
信号待ちから右左折する時などの、片手でステアリング切りながらのシフトアップや
クラッチ操作から解放されるのは良いなぁ。
6速デュアルクラッチとの事だから、クラッチ操作で加速が途切れる事もなさそうだし。
0928.jpg

世界的にエコな流れでの「ダウンサイジング+ターボ」のエンジンは良しとしても、
スタイル的には?? 新モデルの現物を見たら少し印象が変わるかもしれないですけど、
現行モデル? 乗りの私としてはそう言う事にしておきましょう。

なお、この新型モデル「欧州発売は2013年初頭の予定」との事なので、日本デビューは
2013年秋とかになるのかなぁ?
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。